スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉とどけ隊<第3便>活動レポート

日程:2011年4月26日(火)、27日(水)
活動場所:26日 石巻市内各地(瓦礫撤去)、宮城県石巻市北上町十三浜大指生活改善センター(炊き出し) 27日 東松島市大曲(瓦礫撤去)小滝公民館(炊き出し)
現地入りしたスタッフ(敬称略、五十音順)
しんじ、だいちゃん、あずさ、いっき、おりえ、ちえ、なる、はんちゃん、mako、マコッチ、もんちゃん、ゆき、りえ

todoketai03-1.png

todoketai03-ko.jpg todoketai03-1menu.jpg todoketai03-3.jpg

todoketai03-6.png todoketai03-5.png todoketai03-7.png


4/26(火)
00:00 麻心集合
01:00 麻心出発 
07:00 東北自動車道 菅生PA到着。3台合流。
10:30 石巻市 明友館到着。
10:45 炊き出しチームと瓦礫撤去チームとに分かれて、明友館を出発。

===瓦礫撤去チーム===
11:15 石巻市中浦のEAGLE SHOP 石巻店(タイヤ販売店)に到着。石巻市内、沿岸部の工業地帯を通り中浦に向かいましたが、汚泥、オイル、魚の生臭さ(腐臭)が入り混じった臭いが鼻を突く中を移動。作業場所、作業方法の説明を受けて作業開始。店内から什器類の運び出し、瓦礫撤去、床に堆積したヘドロの除去作業に従事。

12:30 作業場所から車で数分の所に開設されていた炊き出し場で昼食、休憩。「炊き出しに来たのに炊き出し場でご飯食べるの、何だか後ろめたいよね」と、メンバー談。温かいおでん、味噌汁、草餅、お菓子(タルト、バームクーヘン等)をいただきました。

13:30 引き続き店内の瓦礫撤去、ヘドロ除去作業に従事。沿岸の工業地帯から流出した大量のオイルを含んだヘドロの重さ、臭いに大苦戦。割れたガラスが散乱していたり、木材から釘が飛び出していたりと危険な環境の中での作業になりましたが、怪我をすることなく、1日目の作業を終えることができました。

===炊き出しチーム===
13:00 大指生活改善センター着 荷下ろし、仕込み開始

16:45 小緒の路上にて炊き出し開始。たくさんの方が道ばたで鍋をもってまっていてくれました(約80人程度)。紙皿を用意していましたが、大家族用に鍋やタッパーでのお持ち帰りでした。容器が足りなかった為、急遽ビニール袋に入れて持ち帰ってもらいました。
=============

19:00 大指で2チーム合流。駐車場にテント設営

19:30 大指の皆様のご好意により生活改善センター内で夕食

21:00 場所を外の会議室に移して、各々眠くなるまで大指の方々と懇親会
    
23:00 小雨が降り始めた中、テントに打ち付ける雨の音を聴きながら就寝


4/27
06:00 起床
===瓦礫撤去チーム===
07:00 明友館に向けて出発。
08:30 明友館到着。世話役の方に先導に従い、2日目の作業現場に向け出発。

09:20 26日の昼食休憩時に炊き出し場で知り合った石巻市内・氏家様宅が、リフォーム前の作業(壁材・床材除去等)を行う人手が足りないとの事で、瓦礫撤去チームから2名がお手伝いすることになりました。

09:30 東松島市大曲到着。東松島市大曲も石巻湾に面していて津波の被害が大きく、震災前は田畑だったような所に瓦礫と化した家屋の一部や車、漁船が流されていました。この日、作業を行った㈱東部環境様は廃タイヤをリサイクル加工する会社で、瓦礫撤去チームは2班に分かれてU字溝に詰まった土砂の除去作業、敷地内に散乱したホイール・タイヤチップを拾い集める作業を行いました。

12:45 東松島市大曲を出発。

13:00 石巻市内 氏家様宅到着。午前中から作業していた2名と合流し、時間の許す限り壁材の除去作業等を行いました。支援を依頼しても順番待ちでなかな来てもらえず困っていたそうで、今回の訪問、作業をとても喜んでもらえました。

13:40 氏家様宅を出発。

===炊き出しチーム===
07:00 仕込み開始
10:45 大指生活改善センター出発
11:00 小滝公民館にて200人前の炊き出し開始。
=============

15:00 明友館にて炊き出しチームと合流、帰路につく。

23:45 電車利用で麻心まで来たメンバーを最寄り駅まで送り届けた後、麻心(鎌倉)着。荷物下ろし、ミーティングのあと解散。

<瓦礫撤去チーム感想>
行く先々で目にする瓦礫の山。石巻市内は第2便で訪れた南三陸町とはまた違った惨状を呈していて、あらためて津波の恐ろしさを思い知らされました。そんな中、今回は2日間に渡って瓦礫撤去、ヘドロ除去等の作業を行いましたが、全体から見ればほんの一部でしかなく、復興へは長い時間と気の遠くなる程の作業が必要なのだという事を肌で感じることができました。

<炊き出しチーム感想>
子ども達が集まってきたので、お手伝いしてもらうことにしました。「たのしい!」「日記にかくー」「お手伝いしたんだって、はやく先生に伝えたい」「シャシンとって!」など、とても楽しく、また、作業もはかどりました。東北独特のユーモアを交えた喜びの声があちこちから聞こえ、震災前にとれた“日本一おいしい”「三陸わかめ」をいただきました。

第3便仕込み

文責:半田、馬場
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

鎌倉とどけ隊BLOG

鎌倉とどけ隊は、東日本大震災で被災した方々にいま必要な物資、人力をダイレクトに届けたいとの思いから活動を展開しています★最新情報はメーリングリストにて。お気軽にご登録ください!

鎌倉とどけ隊 支援金振込口座
【口座記号番号】
00260-4-140474
【口座名称】
鎌倉とどけ隊
【加入者払出店】
鎌倉由比ガ浜

※銀行等からの場合
ゆうちょ銀行
【店名】
029 (ゼロニーキュー)
【預金種目】
当座
【口座番号】
0140474
【口座名義】
鎌倉とどけ隊

頂いた支援金は運搬の為の費用、物資の購入費などは、すべて被災地の支援に使わせていただきます。
プロフィール

森下真司

Author:森下真司

鎌倉市長谷のカフェ「麻心」オーナー。昨年から年2回おこなわれているフェスティバル「鎌人いち場」主宰。

>> 問い合わせ

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
メールフォーム
鎌倉とどけ隊メーリングリストへの登録、お問合せはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

被災地での支援活動の様子
QRコード
QR
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。